リロケーションとは

リロケーションとは

リロケーションは不動産業務の1つです。 転勤などで留守になってしまう邸宅を一定期間賃貸するサービスの事です。 日本ではマイホームを所有すると、転勤が終了した後はまたマイホームに戻りたいと考える人がほとんどで、転勤期間中に空き家になった自宅を管理してほしいというニーズが多くあります。

今までは転勤で留守になった家は売却するか、通常の賃貸にするかの選択肢しかありませんでしたが、2000年に借地借家法が大幅に改正された事で、期限付きで住宅を賃貸することができるようになりました。 現在のサービスは主に賃貸運営管理と空室管理の二つに分けられます。 賃貸運営管理代行は、一定期間賃貸住居として貸し出し、賃料を徴収したり日常の管理点検、クレーム処理、明け渡しの保証を請け負う業務です。 空室管理は、賃貸せずに空き家のまま置いておき、定期的に通風や清掃サービスを行います。 転勤者でなくても、戸建の空き家を所有している人はリロケーション会社を使う場合があります。 企業が自社の転勤者の留守宅を借りて、転勤してきた他の社員に貸すという業務をしている場合もあります。 このように、リロケーションはとても親しみやすく広く普及しています。

※特選サイト
引越しの際の業者選定見積もりサイトはこちら!・・・引越し見積もりサイト